TEL 022-355-8494(受付10-17時)

お問い合わせフォーム

『安かろう悪かろう』と『適正価格』

こんにちは、石岡です。

 

 今回は、僕が印象に残ったお客様のお話です。

 

以前、オフィス移転の際にパーティション工事とOAフロアやタイルカーペット、原状回復工事等を任せて頂いたお客様(医療系のシステム販売、保守)から聞いたのですが、

 

「値段が安いと、品質が疑われてしまうよね」

 

…と、そのお客様の所長さんがつぶやきました。

 

「石岡さんの見積りが安すぎたから、実は私も頼んでから仕上がりが不安になったんだけどさ。綺麗に収めてもらえて安心しました。」

 

僕は笑いながらお礼を言った後、

「そうですね、安すぎるせいで注文してもらえないこともあるでしょうね。」

と答えると所長さんが、そうですよ!と深くうなずいて、熱弁しました。

 

「ウチも同じなんです。

誰でも知っているような、超大手の看板がついた会社は、値段がウチの倍だったりするんですよ!それでもみんな、その超大手の看板にお金を払いたくなっちゃうんですよね。
サービス内容は変わらないのに…」

 

「結局そのお客さん、追加の要望やらオプションやらで、大手に凄い料金を請求されて後悔したって。ウチに頼んでもらえたら、そんな事にはならなかったのに…
良心的な値段で見積りを出しても、そのせいで選んでもらえないんですよ!」

…という話なんですけども。

 

誤解の無いように僕から言うと、大手でも良心的な会社はあるでしょうし、

良心的な社員もいるでしょう。

それでも、同じサービス内容なのに価格は全く違うというのは、建設業でもよくある事です。

 

ウソだと思われるかもしれませんが、

僕が5万円以内で出来る工事で、30万円以上請求されたお客様もいらっしゃいます。(まあ、上記の所長さんなんですけど(笑)ホント色々と教えてもらいました)

 

そもそも、僕は現在も複数のメーカーからの施工依頼を請け負っています。
相見積り先が依頼したメーカーによっては、結局はどこに頼んでも組み立てる人は同じで、払うお金だけが違うかもっていう(笑)

 

『正しい経営者』なら、値上げを考えるのかもしれません。
でも、僕は現在、値上げを考えていません。

 

当たり前ですが、大きい会社は抱えているものも大きいと思います。

社会的役割も違います。

 

大手には大手の、僕には僕の『適正価格』がある。

僕は、自分を信じてくれるお客様に対して、自分のベストを尽くすだけです。

 

価格でも、品質でも。