TEL 022-355-8494

お問い合わせフォーム

ブログ 『いつも通り』の毎日をアップしました。

『いつも通り』の毎日

 

 

こんにちは、石岡です。

 

お陰様で夏場も依頼が殺到して、忙しく働かせて頂けました。

私のブログも更新することが出来ず、

久々に書けています。

(ネタ切れではありませんよ?ちゃんとストックありますから笑)

 

 

11月も忙しくなりそうですが、皆様と一緒に頑張りたいと思います。

 

今回はちょっとビジネスの話から離れた話題を。

 

 

 

僕は、10代からこの業界にいます。

もう24年、パーテーションを組み立て続けてきました。

 

僕は青森出身で、30代半ばまではそっちにいました。

 

青森の親方には、とにかく厳しく指導してもらいました。

その内容は、とてもこの場では書けない位です。

 

親方は若い頃、東京でもパーテーション施工をしていたので、

仕事のペースも田舎のペースではなかった。

 

ついていくのがとても辛かった記憶ばかりです。

(もっとも、そのお陰で、今の私が仙台や関東で通用するのですが)

 

そんなある日、まだ18歳か19歳の頃。

半日位で工事完了しそうな時の話です。

 

 

毎日毎日、親方に早く早くとあおられていた私は、

いつも通り、あくせくバタバタと走り回って工事していました。

 

すると、そんな僕を見て、親方が呆れたように言いました。

 

「お前、何をそんなにバカみたいに急いでやっているんだ?

お前1人そんなに急いでも意味がないし、午前で終わるだろうが」

 

僕は、いつも理不尽に怒られている分、

ちょっとだけムッとしながら

(ホントにちょっとだけですよ?笑)、

こう言い返しました。

 

「嫌です。いつも通りのスピードでやらせてもらいます。」

 

「はあ?」

 

「必要な時だけ速く動こうとしたって、いつもやっている事しか出来ないでしょう。

その時の為に、今日もやらせてもらいます。早く終われる日とか量とか関係ないです」

 

「………」

 

 

今思えば、私も随分と生意気な若者でした。

さぞかし親方も苦々しく思っていたことでしょう。

 

 

時が流れて、

今は私が、年下の子の生意気な言い分を受け止める側になりました。

 

でも、20歳も年下の子相手でも、彼らより早く動けます。

(まあ、100m走だと3秒位遅れるかもしれませんが。

年は取りたくないですね)

 

真似したらケガするし、彼らは真似ようとも思わないかもしれません。

 

何故かって?

 

だって、

 

今日の気持ちだけで、

 

今日は頑張らなきゃって思ったって、

 

結局のところ、

皆いつも通りのことしか出来ないのですから。

 

 

 

 

追伸

今回の台風19号で被災された方々へ、

心よりお見舞い申し上げます。