TEL 022-355-8494

お問い合わせフォーム

僕の失敗談2

こんにちは、石岡です。

 

今回は、先日に僕が後悔した件について書きたいと思います。

反省の意味も込めて。

 

ある日、現場に出る前の早朝です。

 

事務所でメールをチェックすると…

 

前日に、新規のお客様からの問い合わせメールがありました。

 

「御社のホームページを、興味深く拝見させて頂きました。

○○市(宮城県外)にて、パーティション工事のお見積りをお願いします。

大変申し訳ありませんが、明日中に頂けますでしょうか?」

 

…まずい。

 

その時の時刻、AM7時前。

メーカーの営業は、まだ電話に出ない時間。

過去案件を参考にして見積もれる内容でもない。

そんな時に限って、日中は現場で身動き取れず、帰りも遅いスケジュール。

 

もうそろそろ、現場に出発しないといけないけど、

後回しにしていたら間に合わないかも知れない…

 

僕はとりあえず、○○市にある、知り合いの社長に電話しました。

 

僕と同業者です。

 

その方とは、常日頃から付き合っているというわけではありませんが、

20年前からの知り合いで、僕に何度か工事を任せて頂いた方です。

 

僕からその方に見積り依頼をするのは初めてでしたが、

その方は、工事価格が安いという評判を耳にすることが多かった。

 

○○市までの出張費や宿泊費も考えれば、

僕が手掛けるよりも地元の方が安いのではないか?

 

失礼ながら、この時間でも電話にも出てくれそうだし…

 

恐縮しながらかけてみると、

予想通り、電話に出てくれました。

 

すぐに資料を流して、夕方までに見積りをもらえるように段取り完了。

 

お客様にも、現地の提携先に任せた方が安価で済むから、そちらに見積り依頼した旨をメールで報告して、現場へ出発。

 

電話する暇もない程バタバタした後、午後6時過ぎに帰社。

 

早速、届いた見積を見てみると…

 

…予想に反して、少々高い。

早朝から散々迷惑をかけておきながら、何ですが。

 

これはちょっと、ウチの名前で提出出来ない…

 

困り果てていると、

タイミング良く、別件でメーカーの支店長から電話。

 

事情を説明すると、即時対応してくれるとのこと。

 

結局、自社施工での見積書を提出したのが夜8時前。

 

後日、お客様に電話してみましたが…

 

連絡もつかず、メールの返信もいただけませんでした。

我ながら、反省すべき点があり過ぎて、情けなくなります。

 

まず、前日の夜に「明日中に欲しい」と書いてあるお問い合わせに対し、

翌日の朝、確認した時点で“今日の何時まで必要か”と確認を取るべきでした。

 

“今日中=24時?”

“今日中=17時?”

 

人によって感覚が違うので注意するべきでした。

 

また、お客様は僕にお願いしたいと仰っているのに、

無断で他社に依頼してしまっている点。

 

いくら、地元の業者の方が、経費分浮くだろうと僕が思っていたとしても、

いくら、時間がなかったとしても、

 

お客様は『石岡鋼建=僕に』興味があると仰っているのですから、

無礼な対応でした。

 

結局、自社施工の見積りですし。

対応が二転三転した時点で、アウトです。

 

初めましてでそれでは、不信感を持たれても仕方がないでしょう。

 

お客様には、こちら側の事情が全て見える訳でもないし、

そもそも、今回のケースでは、そんな事情などお客様から見れば、

知ったこっちゃない話ですし。

 

初めから、間に合わない場合はご了承くださいと頭を下げるべきだったかも

知れないとも思います。

 

また、見積の段取りも悪かったと言えます。

 

結局、『お客様目線』と散々ホームページ内で謳っておきながら、

僕自身、まだまだ全ての面でそれを徹底出来ていないという証拠でしょう。

 

今回、恥を忍んで、僕の至らない所をこの場で書かせて頂きました。

 

従業員の失敗をこの場で晒すのは、ただのパワハラですが、

僕は社長ですから、何の問題もないでしょう。

 

自分に対する戒めです。

今後は二度と同じ様な対応はすまいと、

反省しています。

 

こんな僕ですが、

これからも成長し続けなければならないと強く思っています。

 

何卒よろしくお願い申し上げます。