TEL 022-355-8494

お問い合わせフォーム

駆け引きは時間の無駄

こんにちは、石岡です。

 

基本的に、僕は駆け引きが苦手です。

好まないというのもありますけど。

 

営業畑の方から見れば、甘いと言われるかも知れませんね。

 

では、『お客様目線』で言います。

 

僕は零細企業の社長ですから、

ウチに持ち掛けられるほぼ全ての商談を僕が対応します。

 

 

例えば、複合機。

 

導入当時のウチは、従業員ゼロで僕1人です。

事務所の広さは10坪未満。

価格が安いのならば、検討すると話しました。

 

この状況で、

最初に勧められたのが、200万オーバーのものでした。

当然、そんなものは必要ありません。

ぶっちゃけ、少々の不便を我慢すれば、

複合機そのものが必要無い環境なのですから。

 

色々機能の説明を延々とされた後に、最後に価格説明。

それは無理と断ると、じゃあこちらはいかがですか?

…で、100万円台の商品が出てきました。

 

 

僕は、そういう話の流れを激しく嫌います。

 

ハッキリ言って、時間の無駄だからです。

 

世の中、やることが無くて話し相手が欲しい社長さんもいらっしゃるのかも

知れませんが(失礼!)、

 

今年の正月に二日間休んだ後の次の休みが、

GWの二日間だった僕にとって、

時間はとても貴重なものです。

 

仕事が終わったら、スーパーで買い物して晩御飯の支度をするのも、

我が家では基本的に僕の仕事ですし。

 

 

何の理由もなく、まずは高額商品からというのも、売上をあげる為に必要なのは解ります。

 

 

客にとっては、迷惑なだけですが。

 

 

工事の外注先から見積を取った時も、同じです。

 

ちょっと話がそれますが、

 

僕は、なるべく外注先を値切らないように心がけています。

 

工事をする人も人間です。

 

工事対応の内容が変わりますから、

長い付き合いをしていると、結局は同じです。

むしろ、値切り方を間違えると、かえって損をします。

 

値切らないと、追加工事をサービスしてくれたりしますが、

値切ると料金を請求されたりしますからね。

 

他にも、

急な案件に対応してもらえるかとか、

繁忙期に仕事を受けてもらえるかとか。

 

損して得するみたいな話でしょうか。

 

普段から付き合いがある外注先は、僕の性格とか、支払い方を知っていますから、

値引き前提のふかした(値引き分を初めから乗せて、言われたらその分引く)

見積りはしません。

 

…話を元へ。

 

ですが、初めての見積り依頼だと、話は別ですね。

やはり、高額な見積りが多いです。

 

中にはクレーマーや支払いが悪い方々が、存在するからでしょう。

気持ちはわかりますが…

 

僕は、そういう高額な見積りが出てきたら、

値引き交渉をせず、別の業者を探します。

 

たまたまその値段で決まったらラッキー(^^♪

…みたいな考え方が嫌いだからです。

 

 

布団等を、お年寄りに超高額で売りつける迷惑営業と、

何の違いがあるのでしょうか?

 

売りつける相手が法人だったり、若い人だったら良いのでしょうか?

 

相場では10~15万円のものを、100万円で売るのは許されないが、

20万円で売るのはOKだとでも言うのでしょうか?

 

 

ネットで大概の相場は調べられる、このご時世です。

 

未だにそんな商売をする人に、

大事なお客様の現場を任せる訳にはいきません。

 

僕は、営業でもあり、作業員でもあります。

勿論、社長業もしなければなりません。

 

営業だけやっていれば良いのなら、

見積もらせて頂いたお客様の全ての案件に、『ご機嫌伺いの為だけ』の電話をする時間もあるでしょう。

 

僕には、その時間がありません。

 

お客様の不安や疑問を取り除く為の説明やプランニング、施工をする時間が削られてしまいますから。

 

ですから、僕は初めから、ほぼギリギリの価格で見積りを提出します。

 

逆に言えば、お客様に余計な手間や時間を取らせなくて済むような内容の、見積りを作成するように心がけています。

 

お客様もお忙しいでしょうしね。

 

 

今はご存知の通り、令和の時代です。

 

平成の方には、我々昭和世代の考え方が、時代錯誤と言われ続けてきました。

 

令和では、昭和どころか平成でも当たり前だった、

『余計な駆け引き』が無くなって欲しいものです。

 

 

『時代錯誤』として。